カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS


●おしらせ
 週末(金曜日の午後〜日曜日)のご注文は次営業日以降の対応・発送とさせていただきます。ご了承ください。

帯状疱疹後の神経痛、長引く痛みが止まった

[概 要]
帯状疱疹は、子供の頃にかかった「水ぼうそう」を引き起こした水痘ウイルス(帯状疱疹ウイルス)が長い間体内に隠れていた後、突然活性化し、神経に沿って皮膚にブツブツができ、激しい痛みを伴いながら、胸や背中で帯状に水疱の集団を形成するものです。帯状疱疹は発症後7〜10日で水疱がカサブタとなり、2〜3週間で皮膚の症状も治まります。ところが帯状疱疹ウイルスは、体内で活性化して増殖し始めたときから、神経を傷つけ変性させます。そして破壊された神経は修復されずに、その部位に痛みが続くのです。そして、痛みの感覚を脳が覚えていて、少しの刺激でも痛みの記憶が甦り、痛み続けるのです。そこで本書では、帯状疱疹の発症から帯状疱疹後神経痛への移行のメカニズムをわかりやすく解説し、痛みの改善に役立つ自然の有用成分について専門家の先生にお話を伺いました。また、痛みの記憶を少しずつ薄め、帯状疱疹後神経痛の痛みを軽減してきた方々の声も収録しています。

薬学博士 鈴木郁功 監修
医学ジャーナリスト 池田祥一 著

帯状疱疹後の神経痛、長引く痛みが止まった

価格:

1,296円 (税込)

購入数:

ページトップへ